未分類

未分類

SPSSを用いた対応のないt検定(2標本t検定) 95%信頼区間・エラーバーグラフ・効果量

SPSSを用いた対応のないt検定(2標本t検定)の方法についてご紹介いたします.検定結果の見方に加えて,95%信頼区間・エラーバーグラフ・効果量の算出方法やその解釈の方法についてもご説明いたします.素人にもわかりやすく解説いたします.
未分類

SPSSを用いた対応のあるt検定の方法 95%信頼区間・エラーバーグラフ・効果量の算出

SPSSを用いた対応のあるt検定の方法をご紹介いたします。ここでは正規性のあるデータに対する対応のあるt検定の方法と結果の見方をご紹介いたします。結果の見方については有意確率と合わせて差の95%信頼区間を確認し,エラーバーグラフを作成することが重要です。また合わせて効果量を算出すると差の程度を評価することが可能となります。
未分類

SPSSによる正規性の検定Shapiro-wilk(シャピロウィルク)検定

今回は統計ソフトSPSSを使った正規性の検定(Shapiro-wilk(シャピロウィルク)検定)の方法と結果の見方,結果の解釈の方法について解説させていただきます.パラメトリック検定・ノンパラメトリック検定を選択する上で正規性の検定は必須ですので確実におさえておきたいところですね.
タイトルとURLをコピーしました