未分類

SPSSを用いて相関係数を算出するには? ピアソン(Pearson)の積率相関係数の見方とグラフの作成方法まで解説

SPSSを用いた相関係数(相関分析)の方法について解説します.代表的な相関係数であるピアソン(pearson)の積率相関係数の算出方法について解説します.また相関係数の見方とグラフの作成方法まで解説いたします.
未分類

SPSSを用いたMann-Whitney(マンホイットニー)のU検定の使い方と方法

SPSSを用いたMann-Whitney(マンホイットニー)のU検定の使い方をご紹介いたします。ここでは正規性の無いデータに対するMann-Whitney(マンホイットニー)のU検定の方法と結果の見方をご紹介いたします。結果の見方については有意確率と合わせて統計量Zを確認することが重要です.グラフについては箱ひげ図を作成するのが一般的です.また合わせて効果量を算出すると差の程度を評価することが可能となります.
未分類

SPSSを用いたWilcoxon(ウィルコクソン)の符号付順位検定の使い方と方法

SPSSを用いたWilcoxon(ウィルコクソン)の符号付順位検定の使い方をご紹介いたします。ここでは正規性の無いデータに対するWilcoxon(ウィルコクソン)の符号付順位検定の方法と結果の見方をご紹介いたします。結果の見方については有意確率と合わせて統計量Zを確認することが重要です.グラフについては箱ひげ図を作成するのが一般的です.また合わせて効果量を算出すると差の程度を評価することが可能となります.
未分類

SPSSを用いた1標本t検定(one sample t test)の方法

SPSSを用いた1標本t検定(one sample t test)の方法を紹介いたします.既知の母平均と自身が取得したデータの平均値が異なるかどうかを検定する方法です.対照群を設けない研究デザインで,集団のデータを既知の平均やカットオフ値と比較したい場合に使用することが多いです.
未分類

SPSSを用いた対応のないt検定(2標本t検定) 95%信頼区間・エラーバーグラフ・効果量

SPSSを用いた対応のないt検定(2標本t検定)の方法についてご紹介いたします.検定結果の見方に加えて,95%信頼区間・エラーバーグラフ・効果量の算出方法やその解釈の方法についてもご説明いたします.素人にもわかりやすく解説いたします.
未分類

SPSSを用いた対応のあるt検定の方法 95%信頼区間・エラーバーグラフ・効果量の算出

SPSSを用いた対応のあるt検定の方法をご紹介いたします。ここでは正規性のあるデータに対する対応のあるt検定の方法と結果の見方をご紹介いたします。結果の見方については有意確率と合わせて差の95%信頼区間を確認し,エラーバーグラフを作成することが重要です。また合わせて効果量を算出すると差の程度を評価することが可能となります。
未分類

SPSSによる正規性の検定Shapiro-wilk(シャピロウィルク)検定

今回は統計ソフトSPSSを使った正規性の検定(Shapiro-wilk(シャピロウィルク)検定)の方法と結果の見方,結果の解釈の方法について解説させていただきます.パラメトリック検定・ノンパラメトリック検定を選択する上で正規性の検定は必須ですので確実におさえておきたいところですね.
タイトルとURLをコピーしました