未分類

SPSSを用いた一元配置分散分析(対応のない3群以上の差の検定) 多重比較(Tukey法・Games-Howell法)・効果量・エラーバーグラフ

SPSSを用いた一元配置分散分析(対応のない3群以上の比較)の方法についてご紹介いたします.検定結果の見方に加えて,95%信頼区間・エラーバーグラフ・効果量の算出方法やその解釈の方法についてもご説明いたします.素人にもわかりやすく解説いたします.また事後検定(多重比較法)として用いられるTukey法とGames-Howell法についても解説します.
未分類

フリーソフトG*powerを使った必要なサンプルサイズの計算(検出力分析・検出力検定)-カイ2乗検定(χ2検定)におけるサンプルサイズの計算-

フリーソフトG*powerを使った必要なサンプルサイズの計算(検出力分析・検出力検定)について解説いたしました.カイ2乗検定(χ2検定)におけるサンプルサイズの計算について,事前分析(先行研究を用いた方法,予備研究結果を用いた方法,中間解析の結果を用いた方法)と事後分析の方法を解説しております.
サンプルサイズ設計

フリーソフトG*powerを使った必要なサンプルサイズの計算(検出力分析・検出力検定)-ピアソンの積率相関係数・スピアマンの順位相関係数におけるサンプルサイズの計算-

フリーソフトG*powerを使った必要なサンプルサイズの計算(検出力分析・検出力検定)について解説いたしました.Pearson(ピアソン)の積率相関係数やSpearman(スピアマン)の順位相関係数におけるサンプルサイズの計算について,事前分析(先行研究を用いた方法,予備研究結果を用いた方法,中間解析の結果を用いた方法)と事後分析の方法を解説しております.
サンプルサイズ設計

フリーソフトG*powerを使った必要なサンプルサイズの計算(検出力分析・検出力検定)-Mann-WhitneyのU検定やWilcoxonの符号付順位検定におけるサンプルサイズの計算-

フリーソフトG*powerを使った必要なサンプルサイズの計算(検出力分析・検出力検定)について解説いたしました.Mann-WhitneyのU検定やWilcoxonの符号付順位検定におけるサンプルサイズの計算について,事前分析(先行研究を用いた方法,予備研究結果を用いた方法,中間解析の結果を用いた方法)と事後分析の方法を解説しております.
サンプルサイズ設計

フリーソフトG*powerを使った必要なサンプルサイズの計算(検出力分析・検出力検定)-対応のあるt検定におけるサンプルサイズの計算-

フリーソフトG*powerを使った必要なサンプルサイズの計算(検出力分析・検出力検定)について解説いたしました.対応のあるt検定におけるサンプルサイズの計算について,事前分析(先行研究を用いた方法,予備研究結果を用いた方法,中間解析の結果を用いた方法)と事後分析の方法を解説しております.
サンプルサイズ設計

フリーソフトG*powerを使った必要なサンプルサイズの計算(検出力分析・検出力検定)-対応のないt検定におけるサンプルサイズの計算-

フリーソフトG*powerを使った必要なサンプルサイズの計算(検出力分析・検出力検定)について解説いたしました.対応のないt検定におけるサンプルサイズの計算について,事前分析(先行研究を用いた方法,予備研究結果を用いた方法,中間解析の結果を用いた方法)と事後分析の方法を解説しております.
未分類

SPSSを用いたカイ2乗検定(χ2検定・カイニ乗検定)の方法 フィッシャーの直接確率・残差分析とは?

SPSSを用いたカイ2乗検定(χ2検定・カイニ乗検定)の方法についてカイ2乗独立性の検定,カイ2乗適合度検定を紹介させていただきます.フィッシャーの直接確率や調整済み残差による分析の方法や結果の見方についても紹介しております.さらに効果量として用いられるファイ(Φ)やクラメールのVについても解説いたします.
未分類

相関分析の際の注意点 有意確率過信・疑似相関・時系列データへの適応・相関関係=因果関係ではない点に注意

相関分析の際の注意点に関して,有意確率過信,疑似相関,時系列データへの適応,相関関係=因果関係ではない点に注意が必要です.この点についてわかりやすく解説いたします.SPSSを用いた解析ですが,SPSSを用いてない方にも参考になる内容だと思います.
未分類

SPSSを使用した偏相関分析の方法 交絡や疑似相関の問題を解決

SPSSを用いた偏相関分析(偏相関係数)の方法について解説します.交絡や疑似相関の問題を解決するために影響を取り除きたい要因を制御変数として相関分析を行う方法について解説いたします.
未分類

SPSSを用いて相関係数を算出するには? スピアマン(Spearman)の順位相関係数の見方とグラフの作成方法まで解説

SPSSを用いた相関係数(相関分析)の方法について解説します.代表的な相関係数であるスピアマン(Spearman)の順位相関係数の算出方法について解説します.また相関係数の見方とグラフの作成方法まで解説いたします.
タイトルとURLをコピーしました